簡単おすすめ~ヘルシー食材ササミの魅力と大満足 マヨネーズ炒めレシピ~電話占いスピカ ゲートウェイ(spica gate way)


ダイエット中には肉類の摂取を控える方も多いですが、ササミはヘルシーで食べ応えのあるお肉として人気の食材。ダイエットには欠かせない食材と言えるでしょう。

今回はそんなササミの魅力や活用レシピを紹介していきます。ダイエット中の方やこれから減量を目指したい方必見です!

なぜササミはダイエッターに人気なのか

ダイエッターに人気のササミ肉。なぜササミはダイエットに向いているのでしょうか。まずはその理由に迫ってみましょう!

ササミは低カロリー・高タンパク質

ダイエット中にどうしても気になるカロリーや脂質。大好きなお肉は食べたいけれど、カロリーなどを考えて我慢をしているという方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのがササミ。ササミは低カロリーで脂質が少ない食材。しかも、タンパク質が豊富なので、筋肉の衰えや代謝の低下を防いでくれる効果も期待でき、ダイエッターにとって非常に嬉しい食材なのです。

噛み応えもあって満足感がある

しっかりよく噛んで食べる事で、満腹中枢が刺激されて暴飲暴食を防ぐことができます。ササミは鶏肉の中でも噛み応えがある部位なので、必然的に何度も噛んで食べなければならない食材。少量でも満足感を得ることができるのです。

人によっては、ササミのモサモサした食感が苦手という方や、脂が少なく淡泊な味で物足りないと感じる方もいるかもしれません。しかし、このようなマイナス点は調理次第で解決できるので、おいしく食べられるレシピを工夫してみましょう。

どんな料理にも使用しやすい!

ササミはどんな料理にも使用しやすいところも人気のポイント。サラダに加えたり、ソテーしてメインディッシュにしたりと様々な食べ方が楽しめます。

また、ササミ以外を用いた肉料理の代用としても使い勝手が良い食材です。筆者はササミで作る親子丼が大好きで、良く食べます。チンジャオロースもササミで作ったことがありますが、噛み応えが増して、食べた後の満足感が非常に高かったのでおすすめです。

このように、ササミはどんな料理にも合わせやすい食材なので、冷蔵庫や冷凍庫にストックしておきたい「万能お肉」と言っても過言ではありません。

だからと言ってササミだけはダメ!

「そんなにダイエットに向いている食材なら毎日ササミ料理にしよう!」と極端に考えてしまう方がいらっしゃるかもしれませんが、それはおすすめできません!

確かにササミは、低カロリー・高タンパク質でダイエットに最適な食材ではあるのですが、L-カルチンという脂肪燃焼効果がある成分があまり含まれていないのです。

このL-カルチンは牛肉や豚肉の赤身に多く含まれているので、ササミにだけに偏らず、他の肉も適度に摂取するようにしましょう。

もちろん肉だけではなく、魚や野菜などもバランス良く摂取することが大切です。全体的な食生活のバランスを意識して、適度なダイエットに臨んでくださいね。

簡単おすすめ♪ササミのマヨネーズ炒め

ササミの魅力を存分にお伝えしたところで、ここで一品「ササミのマヨネーズ炒めレシピ」を紹介します。

材料

・鶏肉のササミ(2~3本)
・ブロッコリー1/2
・塩コショウ
・マヨネーズ 大さじ1程度
≪調味料≫
・炒め用のマヨネーズ 大さじ1程度
・牛乳 大さじ2程度
・顆粒コンソメ 少々(お好みで)
☆(お好みで)ローストガーリックダイス

作り方

1:ブロッコリーを食べやすい大きさに切って、耐熱容器に入れ、600Wで3分温めます。
(レンジで火を通すのが嫌な方は、お好みの硬さに茹でておいてください。)
2:ササミを食べやすい大きさにカットして塩コショウをふります。
3:フライパンにマヨネーズ大さじ1を入れてから火にかけ、温まってきたらササミを入れ両面をこんがり焼いていきましょう。
(ここで、お好みでローストガーリックダイスを投入)
4:ササミに火が通ったら、ブロッコリーと混ぜ合わせた調味料を加え、強火で炒めます。
5:水分がなくなってきたら完成です。

お好みでブロッコリー以外の野菜を加えても良いでしょう。その場合、調味料なども足しながら調整してください。

味気が足りないな~と思う時は、ポン酢などをプラスしてかけても美味しく頂けます。
▼参考にしたレシピはこちら
https://cookpad.com/recipe/5090238

美味しくヘルシーに食べることがダイエットの秘訣♡

今回はヘルシーでダイエットに最適なササミの魅力や活用レシピに付いて紹介しました。

美味しく食べる」ことがダイエットの長続きの秘訣ですので、ササミを上手に利用して、ヘルシーでも満足度の高いレシピを色々と試してみることがおすすめです。

皆さんも家計にも体にも優しいササミを活用してくださいね。

あわせて読みたい