動画ファイルの形式について!初心者でもわかりやすくファイルの種類を解説電話占いスピカ ゲートウェイ(spica gate way)


普段何気なく使用している動画のファイル。どの形式も同じように感じますが、圧縮の仕方によって動画の再生方法が違います。とは言いつつも、初心者には何が何だかわかりませんよね。そこで今回は、動画ファイルの形式や種類についてわかりやすく解説していきます。ネット社会の今だからこそ、しっかり学んでいきましょう。

そもそも動画のファイル・形式ってなに?

動画のファイルや形式自体がよくわからないという方もいるでしょう。そもそも動画は、何枚もの画像を高速に再生しているもの。この画像を1枚ずつパソコンに保存をするには膨大な数の画像ファイルが必要ですよね。

イメージとしては写真を1枚ずつアルバムに収納するよりも、一枚のスペースに何枚もの写真を収納する方がコンパクトで良い!という感じです。この圧縮方法がファイルの形式と呼ばれるものだと、まずは理解しておきましょう。

ファイルの圧縮(エンコード)規格のこと

ファイルを圧縮することをエンコードと言います。このエンコードには様々な方法があり、代表的なものとしてAVI(.avi)やWMV(.wmv)・FLV(.flv)などがあります。

これらは「どうやって動画ファイルをコンパクトにするか」という方法のこと。「動画を見られるならどんな圧縮方法でも良い」と考えるかもしれませんが、この圧縮方法によって画質や対応しているパソコン、得意な再生方法が異なるのです。

動画再生にはコーデックが必要!

圧縮された動画を再生するには「それを再生するカギ」が必要となります。例えば、Blu-ray専用のDVDディスクをDVDプレーヤーで再生することはできませんよね。これを簡単に解説すると、ディスクを読み取るにはそれと同じカギを持つプレーヤーが必要になるというわけです。

動画ファイルも同じで、圧縮されたファイルと同じカギ(規格)を使って再生する必要があります。このカギのことをコーデックと言い、該当の動画が再生できないという場合は、このコーデックがデバイスにインストールされていないということ。

動画ファイルは圧縮(エンコード)だけではなく、それを再生するカギ(コーデック)が必要であることを覚えておきましょう。

動画ファイルの種類

ではここから、動画ファイルの種類についてみていきましょう。前述したエンコードとコーデックをイメージしながら、それぞれの特徴を見て頂くとわかりやすいですよ。

AVI(.avi)

AVI(.avi)はWindowsの標準ファイル形式で、Windowsユーザーの多くの人がこのファイルを使って動画を取り込んだり、編集したりしています。

ただし、同じAVI(.avi)でもコーデックが別物のこともあるので注意。もしも、上手く動画を取り込めないなどのトラブルがあれば、フリーソフトなどを利用してコーデックを調べてみると良いでしょう。

QuickTime(.mov)

QuickTime(.mov)は、QuickTimePlayerで再生することができる動画ファイルで、Macの標準ファイル形式です。Windowsユーザーの方でもQuickTimePlayerをインストールすれば再生が可能。

QuickTime(.mov)もコーデックが異なると再生ができないので、留意しておきましょう。

WMV(.wmv)

WMV(.wmv)は、ストリーミング方式の動画ファイル。動画配信サービスなどでもよく使われているファイル形式で、Yahoo!動画やGyaoがこれに当たります。DRM(デジタル著作権管理)というコピーガード機能も付いているので安心して利用できますが、ブラウザを選ぶことがあるので、しっかり確認しておきましょう。

FLV(.flv)

ニコニコ動画やYouTubeで使われている動画ファイルがこのFLV(.flv)です。OSやブラウザを選ぶことなく動画の視聴が可能なので、手軽に利用しやすいでしょう。一番馴染みが深い動画ファイルと言っても良いかもしれませんね。

MPEG-1(.mpg)

MPEG-1(.mpg)はビデオCDによく使われているファイル形式で、画質は低いですが、再生する負荷が少なく、OSを選ぶことなく再生できます。ただし、ファイルは大きめな点がデメリットと言えるでしょう。

MPEG-2(.mpg)

MPEG-2(.mpg)はMPEG-1(.mpg)の進化版で、画質はDVD相当。デジタル放送などでも採用されています。パソコンで動画を再生するには、プレーヤーのインストールが必要な場合も。

MPEG-4(.mp4)

MPEG-1(.mpg)・MPEG-2(.mpg)よりも高画質で、よりファイルをコンパクトに圧縮することができるMPEG-4(.mp4)。最近ではWindows・MacどちらのOSにも標準でサポートされています。現代では多くの方がこちらの動画ファイルを利用しているのではないでしょうか。

ファイル形式を学んで動画をもっと自由に楽しもう!

ファイルの形式は、専門用語が並び、初心者にはとても理解がしにくいものですが、意味がわかるとさほど難しいことではありません。この記事をきっかけに、それぞれのファイルの特徴を活かして、動画をもっと自由に楽しんでいきましょう。

あわせて読みたい