飲み会で幹事がおさえておきたい取りまとめやお店選びのポイント!電話占いスピカ ゲートウェイ(spica gate way)


会社や友達の飲み会で幹事を任されて困った経験はありませんか?どのようにして参加者の取りまとめをすればよいのか、お店はどのようにして選べばよいのか…考え出したら切りがありません。そこで今回は幹事としてスムーズに段取りを行うポイントについて紹介します。コツさえ掴んでしまえば、さほど難しい役割ではありませんので、安心して記事を読み進めて下さいね♪

まずは飲み会の取りまとめをしよう!

まずは当日までに準備しておきたい幹事の取りまとめについて解説します。

予算の設定をしておく

お店を選ぶ前にある程度の予算を決めておくようにしましょう。予算によっては参加する予定だった人も、家計の関係でこられなくなるかもしれないからです。予算をある程度算出しておけば「そのぐらいの費用なら参加できる」という目処が立ちますよね。

飲み会の予算の相場は3,000~4,000円と言われていますが、会社の飲み会であれば前回の幹事の方にどのぐらいの予算だったか聞いておくと良いでしょう。

出欠確認は期限を設けておくように!

次に飲み会参加候補者に出欠の確認を行います。人数が多い場合は、リストを作っておくと便利です。また、出欠の可否については期限を設けておくと良いでしょう。期限を設けることで「○○さんから返事がないので計画を進められない」なんていう事態を回避することができます。

日程の調整は飲み会のメインである人の都合を聞いてから候補を上げましょう。メインである方がいなければ、目上の人の予定からすり合わせて行くと良いですね。

アレルギーや好き嫌いの確認をしておこう

参加者が決まったら、それぞれのアレルギーや好き嫌いを確認しておきましょう。肉が食べられない人がいるのに、焼き肉屋で飲み会…なんてことになれば、その人が楽しめないだけではなく「自分は尊重されていない」と感じてしまうことも。

また、アレルギーに関しては場合によっては病院に行かなければならない事態も想定されるので注意しておきましょう。ただし、飲み会はあくまでも大人が参加するものですので、アレルギーや好き嫌いに対して、過敏に考える必要はないでしょう。

事前集金をしておくと当日に楽をできる

幹事の仕事の中でも特に面倒なのが会計です。飲んだ後に個々から集金をすると「誰からお金をもらっていないのかわからなくなった」「万札を出す人ばかりでおつりがない」なんてこともあり得ます。

このような事態を回避するためにも、事前に集金を行っておくと良いでしょう。参加者としても、事前に集金してくれる方が当日の煩わしさが無いので気持ち良く飲み会に参加できますね。

飲み会のお店選びのポイント!

次に飲み会のお店選びのポイントについて解説していきます。

参加人数に合ったお店を探す

言うまでもありませんが、参加者の人数に合ったお店を探します。少人数であれば日程が近くなってからお店を選んでも良いですが、大人数になると少し早めに予約を取るようにしましょう。人数が多ければ多い程、座れる席が限られますし、すでに予約で埋まっていた場合は、他の店を当たらなければなりません。

特に忘年会や新年会・送別会シーズンになると予約が取りにくくなりますので、最低でも1ヶ月前までに予約をとっておくのがマストです。

メニューがたくさんあるor宴会コースがあるお店をセレクト

お店を選ぶ際には、なるべくフードメニューやドリンクメニューが豊富な場所が好ましいです。飲み物や食べ物を幅広いジャンルから選べることで、それぞれの好みのものを食べることができますよね。

また、予算などを考慮して宴会コースを利用すると楽です。あらかじめ金額やメニューが決まっているので、参加者にも伝えやすいというメリットがあります。

わかりやすい場所やアクセスのしやすさを考慮する

飲み会のお店はなるべくわかりやすい場所で、アクセスのしやすい場所にしましょう。会社の飲み会であれば、仕事帰りによりやすいお店だと助かりますね。友人同士で集まる場合は、ちょうど自宅の中間地点辺りがいいのではないでしょうか。

お店の場所のわかりやすさ、アクセスのしやすさなども考慮して宴会場所を選ぶようにして下さいね。

ポイントをおさえてスムーズに幹事の仕事を♪

いかがでしたか。幹事は面倒で大変な仕事に思えますが、ポイントさえおさえておけばさほど難しい仕事ではありません。社会人として、今後のためにも一度は経験をしておくと良いでしょう。幹事を任された人は、この記事を参考に段取りをしてみて下さい

あわせて読みたい