サマータイムのメリットデメリットについて電話占いスピカ ゲートウェイ(spica gate way)


みなさんは、「サマータイム」という言葉を耳にしたことはありますか?サマータイムは世界各国で実際に行われており、時間を有効活用するための1つの方法として用いられています。ここでは、サマータイムについて簡単に紹介していきます。

サマータイムとは?

まず始めに、「サマータイム」について簡単に紹介します。春や夏が近づいてきて暖かい時期になってくると、日照時間も長くなり、だいぶ遅い時間まで明るい状態が続くものです。この時期に、わざと時計の時間を1時間早めて生活することを「サマータイム」と言います。サマータイムは、時間の有効活用など、さまざまな効果を期待して用いられます。

サマータイムは日本で「夏時間」と呼ばれ、アメリカでは「デイライト・セービング・タイム」とも言われています。ここからは、サマータイムについてより知ってもらうために、メリットとデメリットをいくつか紹介します。時間を有効活用したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

サマータイムを実施することでのメリット

それでは、始めにサマータイムのメリットを3つ紹介します。サマータイムを実施することで、人や経済にどんな効果があるのか見ていきましょう。

1、電気代の節約

サマータイムを実施することの1つ目のメリットは「電気代の節約」です。サマータイムを実施する時期は日が長い時期なので、1時間時計を早めることで照明器具を利用する時間が減ります。家庭や職場でも電気代を減らすことができるので、サマータイムは節約効果が期待できます。

2、経済の向上

サマータイムを実施することの2つ目のメリットは「経済の向上」です。サマータイムの実施で、人やお店が早く動き出すことによって、今までより長い時間物の売り買いやサービスの提供などが行われます。そのため、経済を向上させる効果も期待できます。

3、過ごしやすさ

サマータイムを実施することの3つ目のメリットは「過ごしやすさ」です。時計が1時間
早まるということは、仕事の就業時間や学校の始まる時間も早まります。まだ明るい時間に仕事や学校が終わるので、時間に余裕ができ、外食やショッピングに出かけたり、友達と遊んだりと、有効に時間を活用することができるようになります。

サマータイムを実施することでのデメリット

続いて、メリットとは反対にサマータイムを実施することでのデメリットについて紹介します。メリットだけを把握していても、サマータイムを実施することで発生するリスクに備えることができないので、しっかりと確認しておきましょう。

1、生活サイクルの調整

サマータイムを実施することで考えられる1つ目のデメリットは「生活サイクルの調整」です。サマータイムを実施すると、朝起きる時間や仕事、学校へ行くための出発時間などを調整する必要がでてきます。時間が1時間早まることで生活サイクルは大きく変わってくるので、慣れるまでは大きな負担となります。

2、睡眠や体調面での問題

サマータイムを実施することの2つ目のデメリットは「睡眠や体調面での問題」です。1つ目に紹介したデメリットのように、生活サイクルが大きく変わることで睡眠時間の長さが変わったり、就寝時間、起床時間がずれたりします。その影響で寝不足になってしまったり、体調が崩れてしまったりする可能性もあります。

3、渋滞や交通機関の混雑

サマータイムを実施することの3つ目のデメリットは「渋滞や交通機関の混雑」です。サマータイムを実施すると、出勤時間や登校時間も1時間早まるので、慣れるまでは忙しい朝の時間帯は渋滞や交通機関の混み合いが発生する可能性があります。習慣づいていない時間の活動に、たくさんの人が同時に急ぐことになるので、事故などにも注意が必要になります。

サマータイムを実際に行っている国

サマータイムは70か国以上の国々で実施されている制度で、ヨーロッパから広まりました。現在ではヨーロッパ以外にも、アメリカやカナダ、オーストラリアなど、主要な国々で実施されています。

先ほども紹介したように、デメリットがあるのも事実ですが、時間を有効活用できて、省エネ効果があることもこれからの日本には大切なメリットだと言えます。

時間を有効活用してサマータイムを過ごそう!

サマータイムのメリットとデメリットについて紹介してきました。サマータイムにはメリットはもちろん、デメリットもあるので、両方を考慮して実施する必要があります。世界各国で実施されている政策でもあるので、日本が導入した際にはしっかりと内容を把握して取り組めるように、知識として覚えておきましょう!

あわせて読みたい