履歴書はパソコン作成?それとも手書き?~メリットとデメリットについて~電話占いスピカ ゲートウェイ(spica gate way)


就職活動や転職活動の際に必要な履歴書ですが、最近はパソコンで作成した履歴書を提出する方も増えてきています。ところで手書きとパソコン作成の履歴書、どちらが採用されやすいなど、合否に違いはあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

~手書きの履歴書~

■手書きの履歴書のメリット

字が綺麗だということをアピールできる

最近は、どの仕事もパソコンを使うことが当たり前の世の中になってきていますが、職種によっては、字を手書きする業務が多い仕事もあります。例えば、役所や銀行など手書きの書類が多い職業や、事務職や秘書・医療事務などが挙げられます。字に自信がある人は、履歴書で綺麗で丁寧な字をアピールすることができるでしょう。

丁寧な仕事ぶりと熱意をアピールできる

手書きの履歴書は、集中と丁寧さが必要ですよね。先述の字の綺麗さも大事ですが、字に自信がない人も、字を丁寧に書いているかが重要なポイントです。相手に伝わりやすいように丁寧な読みやすい字で履歴書を書きましょう。そして何より時間をかけて履歴書を作成していることが、熱意として採用担当者に伝わります。

まずは書類選考という場合もあるので、面接してもらう為の第一歩として、手書きでアピールすることは良い手段です。

■手書きの履歴書のデメリット

作成に時間がかかる

手書きの履歴書は、丁寧さをアピールできる反面、ものすごく時間がかかるのも事実です。一度に多くの企業に応募することになると、その企業数の履歴書が必要になります。全ての履歴書を手書きするとなると、大変な労力ですよね。もし一文字でも書き間違えてしまうと、修正液や修正テープなどを使えない書類ですので、もう一度最初から新しい履歴書を書き直さなければなりません。書き間違えることを想定して、予備の履歴書を準備しておく必要があります。

字が下手だとマイナスの印象を与える

履歴書の字があまりにも下手で読みにくい場合は、採用担当者も見る気がなくなってしまいます。今までの学歴や職歴がとても素晴らしいものであっても、読んでもらえなかったら意味がありませんよね。「字に性格が出る」と考える人も少なくなく、いい加減で適当そうという印象を与えてしまうと、選考から落ちてしまうことも考えられるので注意が必要です。

~パソコン作成の履歴書~

■パソコン作成の履歴書のメリット

作成時間を大幅に短縮することができる

手書きだと履歴書1枚書くのに時間がかかりますが、パソコンで作成する場合は大幅に時間を短縮することができます。名前や住所、学歴・職歴・資格などは同じ内容ですので、一度作成しておけば、複数の企業に応募する場合など使いまわすことが可能です。

誤字脱字などのミスも、手書きで一から書き直すことと比べると、間違っている箇所だけの修正で済むパソコン作成は、かなりの時間を短縮できます。

綺麗で文字が読みやすい

手書きの履歴書よりパソコンで作成した方が読みやすい履歴書を作成することができます。文字のフォントも揃えることができ、志望動機などの長文も読みやすく、採用担当者に良い印象を与えることができます。そして最近は、パソコンを使う仕事が多いので、エクセルやワードは使える方が採用率もアップするでしょう。履歴書をパソコンで作成して提出すると、パソコンの基本操作は問題なくできるというアピールにもつながります。

■パソコン作成の履歴書のデメリット

誤字脱字などうっかりミスに注意

手書きに比べて効率よく作成できるパソコン作成の履歴書ですが、変換ミスに気づかないまま提出してしまったり、違う企業の志望動機のまま提出してしまったりと、うっかりミスも多くなってしまいます。提出前には、ミスがないかしっかりチェックをした方が良いでしょう。

熱意が伝わらない可能性がある

手書きに比べると短時間で作成できるため「楽をしている」と思う採用担当者も中にはいるようです。志望動機に熱意を込めても、パソコンの文字だと入社意欲が伝わりにくい場合もあります。時代錯誤に感じるかもしれませんが手書きで時間をかけて書いた履歴書を高評価する企業もありますので注意が必要です。

~手書きかパソコン作成で迷ったら~

履歴書は手書きするものという考えをお持ちの人もいるので、迷った場合は手書きが無難です。企業によっては、手書きの履歴書を重視しているところもあります。字が綺麗な方は履歴書でアピールすることができますし、採用担当者が綺麗な手書きの履歴書をマイナスと評価することは少ないでしょう。しかし字に自信がなく、どうしても綺麗な字が書けない人は、パソコン作成が良いでしょう。

最近では、IT企業など自由な社風の企業も多く、パソコンの履歴書を好む傾向もあります。志望する企業のホームページ等を調べて、社風にあった履歴書を作成することが、就職・転職活動の第一歩につながるでしょう。

あわせて読みたい