彼氏とケンカしたときの7つの解決方法!電話占いスピカ ゲートウェイ(spica gate way)


どんなにラブラブなカップルでも、ときにはケンカをすることもあると思います。もちろんケンカしないに越したことはありませんが、たまには意見をぶつけ合って不満やわだかまりがないようにするのも大切です。不満を抱えたまま我慢していると、交際が楽しくなくなって別れる原因にもなってしまいます。
ただ、ケンカの原因がどちらにあるかは置いておいて、重要なのはケンカしたときにどういう行動を取るべきか。そこで今回は、恋人とケンカするときに気をつけることや仲直りする方法をご紹介します。

感情的になり過ぎない

彼氏とケンカしている最中は、頭に血が上ってしまいがちです。それでも言って良い言葉と悪い言葉があり、ところかまわず感情をぶつけるのは良くありません。たとえば、相手が個人的に気にしていることや、人としてこれは言ってはいけないというボーダーラインがあるはずです。相手の方に非があって起きたケンカだとしても、言ってはいけません。それを言うときは、別れるのを覚悟してから言いましょう。
また、モノに当たる行為は人としてとてもみっともない行為だと思ってください。まして、人に暴力を振るうのは最低の行為です。自分から暴力を振るうのもいけませんし、暴力を振るうような彼氏だったら別れるべきでしょう。どんなに頭に血が上っていても、モノに当たったり暴力を振るうのだけは絶対にやめましょう。どんな経緯でケンカになったとしても、冷静に考える余裕は残しておかなくてはいけません。

責任を押し付けない

彼氏とケンカしたとき、彼氏にだけ責任を押し付けてはいけません。たいていの場合、ケンカはお互いに原因があって起きるものです。相手の言い分も聞かず、相手にだけ非があると責任を押し付けるのはNGです。彼氏とケンカしたときは、必ずお互いの気持ちをオープンにして、まずは自分の気持ちを伝えるようにしましょう。きちんと話し合っても解決できないことはありますが、話し合う前から相手に非を押し付ける行為はダメです。
自分の言い分ばかり一方的に言いたくなるのも分かります。でも、ケンカになるということは、相手にだって言いたいことはあるはずです。自分の気持ちを伝えた後は、相手がどう思っているのか何か言いたいことがないのか聞きましょう。コミュニケーション不足や行き違いで起きたケンカなら、相手の言い分を聞くことですぐに仲直りできたり、相手の気持ちを知ることで自分の悪い所に気付くことができるようになります。
今後、同じような理由でケンカをすることはなくなるでしょう。
責任の大小はあるでしょうが、喧嘩両成敗という言葉もありますから、非はどちらにもあると考えてみてください。自分は絶対に悪くないと思う前に、自分に何か悪いところがなかったかと考えましょう。

しつこく攻撃しない

ケンカした後、イライラしたり傷付いている状態で、しつこく電話やメールをしてはいけません。その行動が原因で、彼氏から「もう別れよう」と、別れを切り出されることも多いです。早く問題を解決して仲直りしたい気持ちや、収まりがつかずに文句を言いたい気持ちもあるでしょうが、彼氏とケンカをしたときは、お互いにひとりになって落ち着いて考える時間も必要になります。
自分の気持ちをコントロールできないようでは、今後ふたりが仲良く付き合っていくのは難しいです。自分の気持ちを抑えて、まずは冷静になることを意識してください。
また、彼氏とケンカしたことを友人などに言いふらすのはやめましょう。どうしても相談したいときは、信用できる人にだけ話すようにしてください。ふたりの問題に周りの人たちを巻き込むのは迷惑ですし、第三者が介入してくるとややこしくなることもあります。問題がこじれてしまって、彼氏に嫌な感情を持たれても仕方ありません。ケンカが収まるまでは、自分の中にとどめておくべきです。

まずはひと言だけでも謝る

ケンカしたとき、自分が悪いと分かっているのに自分から謝らないどころか、人に謝らせるという行為を強要する人がいます。どんなに心の広い彼氏でも、それでは交際が長続きしません。自分が悪いと分かっているなら、まずは素直に謝るようにしましょう。これは、恋愛以外の人間関係でも同様です。
また、ケンカしたままの状態で一日を終えるのは、お互いにとって後味がとても悪くなります。サヨナラするときに、ひと言だけでも「ごめんね」と謝ったり、サヨナラしてから謝罪のメールを送るなりしましょう。それだけで仲直りできる場合もありますし、その後仲直りできる確率もアップします。
また、ケンカの後で仲直りができないという人は、プライドが高い傾向があるのが特徴です。自分は悪くない、悪いのは相手の方だと、いつも相手が謝ってくるのを待っていないでしょうか? 素直に謝ってくれるような彼氏なら良いですが、絶対に謝らないと意固地になっている男性もいます。そんなちょっとしたプライドで別れるなんてつまらないことです。「私にも悪いところがあった。ごめんなさい」と、最初に謝ると「俺の方も悪かった」と、彼氏も謝ってくれるかもしれません。

どうしてケンカになったのか原因を見つける

なぜ相手が怒ったのか、どうして自分も怒ったのか、ケンカの原因を理解するのは、仲直りして今後のふたりの付き合いを続けていく上でとても大切な行為です。ケンカしている雰囲気が嫌で「ごめんなさい」と、その場しのぎの謝罪だけでは、同じようなことでケンカをくり返すことになってしまいます。
ケンカの原因を見つけるということは、彼氏が怒るポイントを知るということにも繋がり、こんな態度はしない方が良い、会話でこの話題はNGというのが分かってきます。原因を見つけて、自分は悪くないなと気付くこともあるでしょうが、前述したように、まずは自分が反省しているという気持ちを相手に見せましょう。
ただ、すべて自分が悪いと背負うことはしなくて良いです。そうしてしまうと、相手をわがままにさせてしまいます。一度素直に謝って、それから相手の悪いところを指摘するとか、それによって自分がどんな気持ちになったかを説明すると、相手も謝りやすくなります。原因を見つけて反省はしても、謝り過ぎは今後も関係を続けていく上でいけない行為です。

適度な距離感を保つ

いくら謝っても彼氏が許してくれない、または彼氏の悪いところを指摘しても謝ってこないといった場合、相手はもしかしたら別れを考えているかもしれません。そんなときは、そこまでのケンカだったのかよく考えてみてください。そして、何か重大な問題があったならば、適度な距離感を保ってしばらく冷却期間を置くことも大切です。
そんなときに注意したいのは、完璧に付き合いを断ち切ってしまわないこと。あまり頻繁になり過ぎない頻度で連絡を続けないと、このタイプのケンカは自然消滅になってしまうことが多いです。早急に仲直りをしようとせっつかず、かといって放置もし過ぎない、微妙な距離感でしばらく接してみましょう。もし、彼氏に別れる気持ちがなれば、その距離感に焦りを感じて仲直りを提案してくることもあります。

可愛らしさをアピールする

ケンカをした後の仲直りに、自分の可愛らしさをアピールするのも効果的な方法です。可愛らしさは、女性の持っている武器だと思ってください。「やっぱり○○くんじゃないとダメ」と、仲直りを提案してみましょう。
ケンカの程度にもよりますが、あまり重い感じにしてしまうのを避けた方が良い場合もあります。「ごめんね。でも、大好きだよ」くらいの方が、仲直りできるかもしれません。その際、自分はどれだけ彼氏のことが好きなのかアピールするのが大切です。単純な男性なら「しょうがないな」と、すぐに仲直りできるでしょう。

以上、恋人とケンカするときに気をつけることや仲直りする方法をご紹介してきました。
些細なことで大好きな人と別れてしまうのはもったいないです。長く付き合っていきたいと思う相手なら、ケンカになっても、その仕方や仲直りの方法を間違えないようにしてください。

あわせて読みたい