明治神宮は関東で最強のパワースポット!?魅力と人気スポットを一挙紹介電話占いスピカ ゲートウェイ(spica gate way)


関東にはたくさんのパワースポットがあり、時代を超えて多くの人々に愛され続けています。今回はその中でも強力なパワースポットとして名高い「明治神宮」に焦点を当てて、その魅力や人気の秘密に迫ります。

また、明治神宮を参拝する際に訪れたいおすすめスポットも紹介。是非足を運び、自然のパワーを感じてみましょう。

明治神宮について

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう/明治天皇の皇后)を祀る神社で、東京都渋谷区に位置します。

東京メトロ千代田線「明治神宮前駅」や、JR山手線「原宿駅」のほど近くにあり、初めて訪れる方は都会の真ん中に突如現れる広大な敷地に驚くでしょう。

神社を取り囲む鎮守の杜は、実は全国からの献木を植樹した人工林だったそう。今では豊かに緑が生い茂り、都会のオアシス的存在として多くの人に愛されています。

明治神宮がパワースポットと評判な理由

風水用語で「龍脈」という言葉がありますが、これは地中を流れる「気」のルートのことを指します。龍脈が噴き出す場所を「龍穴(りゅうけつ)」と呼び、良い気の恩恵を存分に受けることができるとされています。

明治神宮は、富士山と皇居の龍脈が合流する龍穴であると言われていることから、全国でも有数の強力なパワースポットとして人気を集めているのです。

例年初詣の参拝者数日本一を誇っていることや、東京のミシュラン観光地三ツ星を獲得していることからも、人気や評価の高さをうかがい知ることができるでしょう。

明治神宮で特にご利益がある!と言われているスポット

明治神宮は、面積70万平方メートルと広大な敷地を誇りますが、その全域が神域であるとされています。

しかし、中にはとりわけ強力なパワースポットとして人気を集める場所がいくつか存在します。また、エリアによってご利益も異なると言われています。

ここからはそのパワースポットエリアを詳しくみていきましょう。

南参道

原宿駅からすぐのところにある大鳥居(一の鳥居)から本殿までの参道は、南参道と呼ばれており、良縁のパワースポットとして知られています。樹齢1500年の檜で作られた大鳥居をくぐると、緑に囲まれた癒しの空間が広がります。

鳥居のすぐ右手にある大木や、二の鳥居近くの灯篭、日本酒が奉納された酒樽などは強力なパワーを宿す場所とされているので、是非注目してみましょう。、<

夫婦楠

拝殿前には寄り添うように立つ2本のご神木があり、「夫婦楠(めおとくす)」と呼ばれています。その名の通り、夫婦円満や家内安全を象徴する木で、パートナーや家族との絆を深めたい方や、良縁を得て結婚したい方に人気です。

拝殿を参拝後、再度夫婦楠の前から拝殿に向かって参拝すると、より効果が高まるとも言われています。素敵な縁を結びたい方は是非お試しを。

宝物殿

宝物殿は明治神宮で一番の「浄化」のパワースポットと言われており、人生に迷いが生じている方、目的を明確にしたい方、新しい進路を切り開きたい方におすすめのスポットです。

社殿の奥に位置しているため見逃しがちなスポットなので、注意しましょう。また、法仏殿前の芝生広場も自然の良い気を吸収するのに最適な場所。のんびり過ごしながら大地のエネルギーをチャージしましょう。

清正井戸(きよまさのいど)

テレビで島田秀平さんが紹介したことから人気に火が付いた「清正井戸」。写真を撮って携帯の待ち受けにすると仕事運が急上昇するという口コミが広がり、一時は数時間待ちの行列ができたほどの有名パワースポットです。

清正井戸は本来龍脈が湧き出す場所とされ、高い浄化効果を期待できるスポットです。しかし、多くの人が訪れるようになったため、邪気が溜まってしまい、負のエネルギーが満ちた場所になってしまったと言われているのです。

そのため、雨の日や夕暮れなど陰の気が満ちる頃に行くのは避けたほうが無難。良く晴れた日の朝早くに訪れるようにしましょう。また、清正井戸を訪れた後は必ず社殿を参拝し、負のエネルギーをはらうようにすると安心です。

パワースポット明治神宮へ行って感謝の心を伝えよう

明治神宮の魅力や人気スポットを紹介しましたが、いかがでしたか?

いくら強力なパワースポットでも、感謝の気持ちを忘れてしまっては、何かを得ることはできないでしょう。日々生きていることの感謝を胸に、清らかな心で明治神宮へ足を運んでください。

また、明治神宮では毎月1日・15日の「 月次祭(つきなみさい)」を始めとして、国家や国民の安泰・平和を祈る様々な祭典や行事が催されています。機会があれば、是非参加してみましょう。

あわせて読みたい