ソウルメイトを見つけるための8つの特徴電話占いスピカ ゲートウェイ(spica gate way)


みなさんは、運命の赤い糸で結ばれている人がいるという話を信じているでしょうか? スピリチュアルの世界では、運命として出会うことが決められている相手を「ソウルメイト」と呼んでいます。でも、赤い糸は目に見えませんから、ソウルメイトは本当にいるのか分からないとか、目の前に現れても気付かないかもしれないなんて思ってしまいますよね。
そこで今回は、ソウルメイトと出会いやすいタイミングや、ソウルメイトの特徴などをご紹介します。ひょっとしたら、身近なところにいる人物がソウルメイトかもしれないので、ぜひチェックしてみてください。

ソウルメイトとはどんな人物か?

まず、そもそもソウルメイトとは、どんな人物をさすのかをご説明します。ソウルメイトとは、その名の通り“魂の仲間”のことで、ちょっと仲が良い程度の人物ではなく、運命的に引き寄せられて出会っているような、特別な人たちのことです。
ソウルメイトというと、恋人や結婚相手のことをイメージするかもしれませんが、それ以外の関係のことも含んでいます。たとえば、家族(親・兄妹・子ども)、仕事のパートナー、友人などのなかにもソウルメイトがいる可能性があるでしょう。性別も、異性のこともありますし、同性同士の場合もあります。セクシャルマイノリティの場合もあり、ソウルメイトは性別を超えて繋がっているんです。
また、ソウルメイトに国境や人種、家柄などの垣根も存在しません。そして、ソウルメイトはひとりとは限らないのも特徴です。人数は固定されていなくて、前世を含んだその人の人生によって変化します。

初対面でも安心感がある

初めて会った相手なのに、どこか懐かしさを感じたり、以前会ったことがあるような感覚は、ソウルメイトの特徴です。どこで会っているはずなのに思い出せないという場合は、過去で強く繋がっていた相手を魂が覚えている可能性があります。そして、初対面なのに妙に安心感があり、相手の考えていることが良く分かるといった感じがしたら、かなりの確率でソウルメイトでしょう。
仲良くなる要因が多くて、特に意識しなくても気付けば親しくなっていたという人は、そうなるべくしてなった人です。ソウルメイトには、お互いを引き寄せ合う力が働いているので、仲良くなるのに時間はかかりません。前世から繋がっている人物なので、家族といるより安心することもあります。

何かとシンクロする

シンクロニシティは「偶然の一致」という意味ですが、ソウルメイトとはこのシンクロがよく起こります。たとえば、着ている洋服の色が同じになることが多かったり、何かを買うタイミングや美容室に行くタイミングなども同じになったりするでしょう。また、何かを思い出すタイミングも被ったり、読んでいる本が同じになることも多いです。事あるごとに同じような行動をしているのも、ソウルメイトの特徴のひとつになります。
これは、価値観や趣味、考え方、好きな食べ物などの共通点が多いからです。たとえば、相手の出身地が自分にゆかりのある場所と近かったということもあります。単なる偶然が重なっているのではなく、運命が引き寄せ合っているんです。

辛い状況のときに出会う

ソウルメイトと出会うときは、悩んでいたり辛い状況であることが多いです。失恋したときや、大切な人と別れたり亡くしたときなど、とても辛い状況のときに、それを癒してくれるような存在になります。あなたが辛さや痛みを乗り越えようとしているとき、ソウルメイトは手助けしようとして現れてくれると思ってください。
ただ、あなたが辛いのは誰かのせいだと責任転換しているような場合は、ソウルメイトは手助けする必要性がないと判断して現れません。長い人生の中で、辛いときは必ず訪れますが、そんなときに出会った人物を思い出してみましょう。もしかしたら、その人はあなたのソウルメイトかもしれません。

以心伝心できる

ちょっとした表情の変化で、相手がどんなことを考えているのか分かるとか、連絡しようとしていたときに相手の方から連絡がくることが多い人物がたまにいます。以心伝心できるということもソウルメイトの特徴です。
また「この人が楽しそうにしていると、自分も楽しくなる」「この人の行動や発言は尊敬できる」「この人の話は、なぜだか感動してしまう」「この人の夢や目標は素晴らしいと思う」など、共感できる部分が多い場合もソウルメイトである可能性が高いでしょう。

瞳に吸い込まれそうになる

目には魂が宿っていると言われます。ソウルメイトの瞳を見ると、なぜかその人に惹かれるような感覚になるのも特徴です。ジッと相手の目を見て話していても恥ずかしくないとか、なかなか視線を外すことができないという場合も、ソウルメイトの可能性が高いでしょう。
また、スピリチュアル的には、おでこに第3の目(チャクラ)があるとされていて、額をくっつけることでお互いを感じます。気になる人がいる場合は「熱があるかも」と言って、おでこをくっつけてみるとソウルメイトかどうか分かるかもしれませんね。

気持ちの良いケンカができる

ソウルメイトといっても、いつでも仲良しというわけではなく、ときにはケンカもします。ただ、途中でうやむやにしたり、どちらかが逃げ出してしまうようなケンカではなく、真正面から向き合って気持ちの良いケンカができるのがソウルメイトの特徴です。
これは、本音で話し合い、お互いの考えていることや感じていることを知って、それを受け入れられるから。相手の欠点を許せると言っても良いでしょう。生まれたときから一緒にいる家族でも、どんなに親しい友人でも、ここだけは直して欲しいという欠点があるものです。でも、ソウルメイトはそんな欠点でも許せます。さらに、相手に自分の欠点を注意をされたりケンカになっても、不思議と素直になれたり後腐れなく気持ちが切り替えられたりして、相手のことを嫌いにはなりません。ソウルメイトの付き合いは長いので、互いを成長させる役割を持っていて、簡単に縁が切れてしまうことはないでしょう。

出会った後に変化がある

ソウルメイトと出会うと、夢から覚めたような、物足りなかったものが埋まったような感覚になります。それまで自分になかったアイデアや考え方ができるようになり、自分の内側から変化が始まっていくでしょう。そして、ソウルメイト全員とずっと一緒にいることはできないので、ときには別れもあります。やむを得ない理由で別れなければならなくても、その別れを経験することで自分自身をより深く知るきっかけが生まれ、さらにお互いに高め合えるソウルメイトとの出会いへと繋がっていきます。

ソウルメイトか確かめる方法

ここまでご紹介した特徴に当てはまらなかった場合でも、ソウルメイトである可能性はあります。特徴に当てはまらなかったからといって、相手と本音で向き合わなくては、確かめることはできません。
まずは、本音で相手と接してみてください。そうすれば、相手が本音をさらけ出したときに、自分も本音で接することができます。あまり情報に左右されず、確固たる自分を持って相手と接することが、ソウルメイトを見つけることになるでしょう。

以上、ソウルメイトと出会いやすいタイミングや、ソウルメイトの特徴などをご紹介しました。
ソウルメイトにはとても分かりやすい特徴があるので、直感的に分かることが多いです。他の人とは違うという感覚があったら、じっくり関係を深めてみてください。
そして、ソウルメイトは案外近くにいるものです。同じ職場や学校の人、近所に住んでいる人など、細かくチェックしてみましょう。

あわせて読みたい